記事一覧

2019年5月18日同朋の会

気温の変化が不規則で体がついてゆけず、調子を崩す人が多いこの頃。その為か、本日の参加者は、7名。

本日の教本は、「真宗の仏事」ーお内仏のある生活

P78.法名とは、帰敬式で仏弟子として人生を歩んでゆきますと誓ってついた名。
真宗では、戒名は存在しない。戒名は出家していただく名。

法名の上に院号がつく場合がある。法義相続・本廟護持にご尽力下さった方々への相続講賞典として院号がおくられることがある。

P79朝夕のお勤めは、追善供養ではない。讃嘆供養ということで「知恩報徳」ということ。
法事は、亡き人を偲ぶことを通して、集まって来た人の為に行う。


真宗では、位牌は不要。

P81 帰敬式実践運動:真宗門徒の生活は、聞法を中心とする生活に。
門徒とは、親鸞聖人一門の生徒になったということ。
全ての人々と等しく出遭っていくこと。

朋(とも)であり、胞ではない。

次回は、6月15日土曜日14:00より。
多くの皆様のお越しをお待ちしております。

(記:釈和敬)

2019年4月13日同朋の会

春らしい穏やかな日差しの一日でした。

・門徒総会:2019年3月31日日曜日午後14時より、当山1階にて開催されました。皆様のご協力により恙なく終了。
西福寺門徒会員各位には総会報告を発送済。
(同封)役員名簿、門徒会規約、事業報告、事業計画

・次回同朋の会:5月18日土曜日14時より

・本日の教材:真宗の仏事 -お内仏のある生活ー 76ページから
「帰敬式ー帰依三宝」
・正信偈の最初に「帰命無量壽如来」とあるが、この「帰命」とは。

・帰命とは、「。。。を依りどころとして、敬い信じて順(したが)う」であり、「従う」ではない。帰命=南無
・三宝を敬い信じて順う。三宝とは「仏」「法」「僧」。

・阿弥陀様を依りどころとして、敬い信じて順いましょう。
・阿弥陀様は絶えず呼び掛けてくれている。真でないところを信じてしまう傾向があるので、注意してくれている。

・敬い信じて行わなければ、ただ単に知識として終わってしまう。

・生活の根本の「誓い」。出会ったご縁。かまえが違ってくる。

(記 釈和敬)

2019年3月 春のお彼岸

ファイル 103-1.jpgファイル 103-2.jpgファイル 103-3.jpgファイル 103-4.jpgファイル 103-5.jpg

3月18日~24日
春のお彼岸です
温度の高低差が有りお参りには大変の様でしたが多くの方がお参りに来ました。
3月21日に東京では桜の開花宣言が発表されました。
お墓参りに多くの方がお花を添えて
       西福寺は満開になりました。

(釈 茂壽)

2019年3月9日 同朋の会

この日は春らしい暖かい日でした。梅の香りもどこからか。。

1.今後の予定

(1)3月30日(土)13時受付 「川崎組同朋の会」光明寺(東急田園都市線 二子新地駅より徒歩7分)参加費500円

(2)3月31日(日)14時より西福寺「門徒会総会」

(3)次回「同朋の会」4月13日(土)14時より

2.本日のテキスト:「真宗の仏事」ーお内仏のある生活ー

・P65 合掌礼拝:合掌は敬意を表す。
・P67 肩衣:裃のの上が簡略化されたもの。

・P68 念珠:真宗では煩悩を断つためとか、念仏を称えた数を数えるために用いるものではない。

・P71 香:念仏の世界をあらわしている。線香を折り、火をつけ、火が左に来るように置く。

3.「親鸞御誕生850年」「立教開宗800年」の慶讃法要が2023年に挙行される。
お寺は厳しい時代に入ってゆく。
お寺は私が教えを戴く道場である。

(記 釈和敬)