記事一覧

2019年 元旦 修正会(しゅしょうえ)

ファイル 96-1.jpg

2019年(平成31年)修正会のお知らせ

修正会を下記の通りとり行います。

「修正会」とは、元旦に仏様の前で身を正し、新たな一年を歩み出すための法要です。

1年の始まりに、ご縁の中に生きている自分の姿を、
あらためて仏教の教えに照らしてみる機会にしてみませんか。
法要と法話の後には、ご参拝いただいた皆様と新年の乾杯をし、
皆様とご一緒に新年懇親会を開催いたします。


予約、持参品等一切不要、初詣と同じお気持ちでお越し下さい。

            記
 
 1.開催日時 2019年1月1日 午後1時30分 より
        ・挨 拶
        ・勤 行 =皆さんと一緒に正信偈をお勤めします
        ・法 話 = 西福寺住職
        ・終了後に懇親会を予定しています 

 2.開催場所 真宗大谷派 涼榮山 西福寺
    住所 川崎市中原区上平間420
    電話 044-511-6242
  

2018年11月17日 同朋の会

11月3日報恩講の後の初めての同朋の会、内容は蒲先生のお話なさった「無明の闇」及びそこから派生した内容についてでした。

1.報恩講は仏恩(ぶっとん)、師恩(しおん)。大切なものを、いただいたのでお返しをせざるを得ない気持ちからきている。

2.「無明の闇」阿弥陀様の働き、教えの言葉に触れることで、自分の姿を気づいたかさせてれる。

3.親鸞聖人の闇を破ったのは法然上人である。:自力で何とか出来ると思い20年間修業をして来たが、阿弥陀様に全てをゆだねれば良いという事が分かった。

4.「知恵」と「智慧」
「知恵」:人間が造ったもので、背景と都合によって変わる事がある。
「智慧」:阿弥陀様の働き、お心。人が造ったものではないので不変。

5.「真宗」では:浄土を本当の拠りどころとしている。見えていない事実をはっきりと見せてくれる。
又、「仏」から「私」にはいつもいただいているので、そのお返しが「報恩」と考えてる。

6.「歎異抄」は、阿弥陀様のいわれたことを親鸞聖人が話され、その内容を記したものなので、阿弥陀様のお心そのものである。

7.次回同朋の会は、12月15日土曜日午後2時からです。
本年最後の同朋の会、皆様のお越しをお待ちもうしております。

(記述)釈和敬

2018年 報恩講

ファイル 94-1.jpgファイル 94-2.jpgファイル 94-3.jpgファイル 94-4.jpg

2018年の報恩講が、今年もおだやかな晴れのなか11月3日にとりおこなわれました。

もはや恒例となりつつある、午前午後にわたる蒲信一師のご法話をいただき、いつもの勤行とはすこし調子の違う、おごそかな「真四句目下(しんしくめさげ)」のおつとめに気が引き締まる気がしました。

真宗門徒の一年の締めくくりであり、あたらしい年のはじまりである報恩講、みなさんはどう過ごされたでしょうか?

(釈正裕)

2018年10月26日 ぉ磨き

ファイル 93-2.jpgファイル 93-3.jpgファイル 93-4.jpgファイル 93-5.jpg

10月26日金曜日、午前9時より「お磨き」をいたしました。
報恩講にむけて、恒例の仏具お磨きです。

住職、坊守さん、門徒の方12人のお集りをいただきました。

仏具は、この一年で黒ずんでいました。
細かい溝に入った汚れを取り払い、研磨剤を付けて拭くと布は真っ黒に。
そのあと綺麗な布で丁寧に何回も拭くと、白銀色の輝きが出ました。
約3時間を掛けて皆さんは汗をかきながらお磨きをして、
白銀色の輝きの仏具が完成しました。

報恩講法要は、11月3日です。
皆様のお越しをお待ちしております。

釈 茂壽