記事一覧

2020年「同朋の会」休止のご連絡

ファイル 132-1.jpg

御門徒の皆様へ
添付写真の通り新型コロナウイルス感染拡大等諸般の事情を考慮し、同朋の会は当分の間休止となります。

皆様、ご健康に自愛されこの難関をみんなで乗り越えましょう。
今後の「同朋の会」開催につきましては、あらためてご案内させていただきます。

(写真:釈 茂壽、 文:釈 和敬)

2020年5月 (中止の為 自習・復習)

ファイル 131-1.jpgファイル 131-2.jpgファイル 131-3.jpgファイル 131-4.jpg

新型コロナウイルス感染拡大防止の為、2020年5月の同朋の会は中止となりました。
同朋の会のお知らせは、今月中遂次本欄に記載してゆきますので、
お楽しみにして下さい。

  *かわさきかるた (かるた見本写真)
・【(は) 始まりは 歓喜庵なり 西福寺 】
川崎市中原歴史かるたの㋩のカード。
武蔵小杉の中原図書館に掲示されているかるた。
図書館が開くようになったらご覧になってください。

・上の写真 西福寺掲示板に現在掲示されているものです。

「 疲れた日 失敗をした日 よくできた日
    この一日も
    無量寿の ひとときです」

・(復習)
(1):いつも同朋の会で唱和している正信偈5ページ
「五劫思惟之摂受」の「五劫」はどのくらい長い年月でしょうか。

答:(真宗聖典748ページ)
一劫というは、たかさ四十里ひろさ四十里の石を、天人羽衣をもって、
三年に一度くだりて、この石をなでつくせるを一劫というなり。
これを5つなでつくすほどのの年月をかけて法蔵菩薩は、
四十八の本願にまとめられた。
想像がつかない長い年月です。

(2)いつも同朋の会の終わりに皆さんで恩徳讃を唱和しますが、
これは「正像末和讃」の最後 58番目の和歌です。
親しみ易そうな53番目の和歌を紹介します。

53 「弥陀大悲の誓願を ふかく信ぜんひとはみな 
ねてもさめてもへだてなく 南無阿弥陀仏をとなうべし」


(写真:釈 茂壽 、文:釈 和敬)

2020年4月18日 同朋の会(中止の為、自習)

ファイル 130-1.jpgファイル 130-2.jpg

新型コロナウイルス緊急事態宣言が発令の中、西福寺門徒の皆様、真宗大谷派の皆様、これをお読み下さっている方々、いかがお過ごしでしょうか。

4月18日に予定しておりました同朋の会は中止となりました。
次回開催の目処はたっておりません。

次にお会いするまでは自習となります。
今までの教本を読んで復習、又は最新の教本「仏教なるほど相談室」の興味のある箇所を拾い読みもありです。

ちょっと興味がわき単行本「浄土三部教」(角川ソフィア文庫)という本を流し読みしておりました。
4月8日の西福寺同朋の会LINEでは「スーパームーン」の写真が飛び込んで来ました。

「浄土三部教」単行本227ページに次の様な記述がありました。

「「 月影の阿弥陀様
鎌倉時代の勅撰「玉葉和歌集」に、
「月影のいたらぬ里はなけれども ながむる人の心にぞすむ」という法然の歌がある。
(法然は、その救いの光は月光のように誰にも届いているのだが、眺める人の心に澄む、あるいは、眺める人の心に住むという。)」」([浄土三部教]角川ソフィア文庫 大角修訳・解説)

この件については、次回皆様のお考えをお聞きしたいかとおもいます。それまで元気で過ごし下さい。

(追伸)法話が聞けます。
パソコン等から、「しんらん交流館 ドットインフォ」を開き
「いまあなたに届けたい法話」がでてきます。
是非、訪ねてみてください。

下記をクリックしてください
https://jodo-shinshu.info/ima_howa/

「いまあなたに届けたい法話」が
アップされます

(写真 釈 茂壽、記述 釈 和敬)2020.4.16

令和2年(2020年)春のお彼岸

ファイル 129-1.jpgファイル 129-2.jpgファイル 129-3.jpg

いつも西福寺護持にご尽力賜り誠に有難うございます。

今年の春のお彼岸は、3月17日から3月23日です。
新型コロナウイルスで行動自粛の中なので、マスク、手洗い等気お付けて、ご参拝いただければと思っております。

例年通り、門徒会役員も受付にてお待ちしております。
今回はテントは設置なく、接客のお茶の提供もしておりません。

みなさん充分な予防対策をされて多くの参拝者がお参りされてます。

ページ移動